堀知佐子シェフの経歴|店の料理や評判&場所やこだわり|きょうの料理

horichisako-chef グルメ

2015年に千駄ヶ谷に移転オープンした「ル リール」のオーナーシェフ・堀 知佐子さん。

料理に携わり、30年以上の経験を持つ女性シェフです。

 

NHK「きょうの料理(再放送)に、出演されますよ。

番組では、冬の減塩をテーマにヘルシーなお料理を紹介。

50代頃から、塩分の摂り過ぎについて気に掛ける方が増えるようですね。

 

毎日のお料理は、大変。

手際の良い料理風景を見たら、お店も気になりますよね。

テレビを見て、どんなお店を経営されているのか?

 

一度味わってみたいな!と真っ先に気になるのが、

  • メニューについて
  • お料理の価格について
  • お店の評判について
  • お店の雰囲気について
  • 料理セミナーについて

などではないかと思い、調査しました。

 

企業での就労経験を経て、ご自分のお店を持たれた方です。

堀 知佐子さんに、どんなこだわりがあるのか、一緒に確認していきましょう!

 

スポンサーリンク

 

堀 知佐子のプロフィール

morichisako

出典:https://www.leverdurier.jp/

 


 

こちらも読まれています!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

坂田阿希子シェフの経歴|店の料理や評判&場所やこだわり

成田一世(パティシエ)の経歴と店の場所やお取寄せ情報

谷口英司シェフの宿泊兼フレンチ店レヴォへの行き方と料金

【きょうの料理】おせち献立 料理人 笠原将弘の人柄と和食にかける情熱

 


 

本名 堀 知佐子
現職  

2008年、港区白金高輪に「リール」開業

2015年、千駄ヶ谷に移転「ル リール」オーナーシェフ

料理イベントの開催

管理栄養士として、食生活アドバイザー

講演会

前職 京都の調理師学校で教鞭をとる

京料亭「菊乃井」の物販事業部責任者として勤務

株式会社「菊の井」常務就任

レストラン理栄養士・食生活アドバイザー・
アンチエイジング料理スペシャリスト

新渡戸文化大学客員教授

料理本の著書多数

活動歴 30年以上
学歴 不明
出身地 不明
生年月日 不明

 

学歴、ご出身、年齢は、正確な情報は分かりませんでした。

ご結婚されて、娘さんがいらっしゃるようです。

 

旦那さんは「ル リール」より価格帯の高い、フレンチ・レストランのオーナーシェフです。

店名は「ル・ヴェルデュリエ」です。

二つのお店は、隣接しています。

 

スポンサーリンク

 

管理栄養士とは?

管理栄養士とは、国家資格の一つです。

2020年、管理栄養士 国家試験 合格率は 61.9%でした。

 

■管理栄養士になる流れ

kanrieiyoshi

出典:https://www.dietitian.or.jp/

 

一部抜粋

管理栄養士って?

 

管理栄養士は、厚生労働大臣の免許を受けた国家資格です。病気を患っている方や高齢で食事がとりづらくなっている方、健康な方一人ひとりに合わせて専門的な知識と技術を持って栄養指導や給食管理、栄養管理を行います。

引用:https://www.dietitian.or.jp/

 

管理栄養士の資格を取得された理由は、料理好きなこととあります。

本当に、それだけでしょうか?

上記の様に管理栄養士の役割を確認すると、単なる料理好きとは違う印象を受けます。

 

例えば、家族など周りに健康面でサポートしてあげたい方がいて、専門知識を得たかった事情などがあったのではないかと想像しました。

そうだとしたら、思いやりの心を感じる方だと思います。

 

もちろん、職業としての経歴を拝見すると、他の一面も見えてきます。

多忙な活躍をされて来られていらっしゃいますね。

野心家な一面もお持ちの方かなーと思いました^^

 

スポンサーリンク

 

京都の料亭「菊乃井」

kikunoi-kyoto

出典:https://taptrip.jp/

 

プロフィールにもある様に、京都の高級料亭での勤務経験をお持ちです。

株)菊の井の事業部立ち上げに、携われたそうです。

会社から期待をされながら、活躍されて来られたのではないでしょうか?

 

「菊乃井 本店」は、2018年現在で、ミシュラン・三ツ星を10年連続で獲得しているそうです。

こちらは、純粋な日本料理のお店です。

和食について学ばれたことは、多くあった場所だったのではないかと思います。

 

どれほど、高級かというと…

「菊乃井」の懐石料理の価格はこちらです。

 


 

【昼懐石】
13,000円、16,000円
20,000円、25,000円、30,000円、
35,000円、40,000円、45,000円、50,000可

※税・サービス料別

 


 

【夜懐石】
20,000円、25,000円、30,000円、35,000円、
40,000円、45,000円、50,000円

※税・サービス料別

 


 

ミシュラン・三ツ星獲得しているだけあって、超高級です。

贅沢をされたい方に、最適ですね。

 

では、この様な高級志向のお店に携わって来られた経緯を知った上で…

堀 知佐子さんの経営する「ル リール」は、どんなお店か見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

 

店のメニューと価格

店内イチオシメニュー

インスタを拝見すると、お店では「本日の限定ランチ」の紹介が多いです。

例えばこちらは、外食とは思えない程、たっぷりとお野菜を使っていますよ!

 

本日の限定Cランチ「厚切り自家製スモークサーモンのレアステーキ」

※本日=ル リールさん投稿当日

le-rire-menu1

出典:「ル リール」インスタより

 


 

本日のルリールランチメニュー・お魚料理

イサキのポワレと牡蠣の香草パン粉焼き

 

le-rire-menu2

出典:「ル リール」インスタより

 

お魚料理は、食べた後の体が重くならずにサッパリと頂けそうです。

メニューはこのように、変わったり人気メニューが復活したりするようです。

メニューに悩んだり、飽きずに通えるのも嬉しい所ですね^^

 

外食で一番気がかりなのは、栄養が偏ることですよね。

堀 知佐子さんが、お客さんの栄養面をしっかり気に掛けてくれていることが感じられますね。

 

店内ランチ価格

  • Aランチ 1,200円
  • Bランチ 1,000円
  • Cランチ 1,500円~ 数量限定

 

店内ディナー価格

  • 1,000円前後からの単品メニュー有

※ワインにメニューが充実している印象です。

 

コース

  • コースA…3,000円
  • コースB…4,000円
  • コースC…5,000円

※貸し切りなどにも、対応されているそうです。

 

スポンサーリンク

 

テイクアウトメニューと価格

こちらは、テイクアウトメニューです。

2月16日の投稿が最新でした。(※2021.2.22現在)

この日は、3つのメニューがあったみたいです。

 

①ルリール特製パエリアとブイヤベース 1000円

➁国産鶏もも肉のバルサミコ風味チキン南蛮弁当 1000円

③ついに復活 シェフ自家製のラザニア 1200円 ←人気メニュー!

 

 

➁国産鶏もも肉のバルサミコ風味チキン南蛮弁当 1000円

le-rire-takeout2

 

メニューは、随時インスタなどでご覧頂けると思います。

予約が出来るかどうかも含めて利用される時に、どんなメニューかお問合せくださいね。

個人的には、事前に連絡したら、柔軟に対応してくれそうな雰囲気を感じましたよ^^

 


 

シェフ自家製のラザニア 1200円 

 

この投稿をInstagramで見る

 

ル・リール(@brasserie_le_rire)がシェアした投稿

 

スポンサーリンク

 

料理の評判

・サラダは、アンチエイジングの食材を使ったサラダの盛り合わせだと思うのですが、中華風風味の もやしが、私にはイマイチでした。でも、選んだメインディッシュの鶏もも肉のドライフルーツ煮」が、すごく美味しくて、もう一皿、食べたいほどでした。

野菜をたっぷり摂れますので女性からの支持を集めそう。

・ご飯は麦飯みたいなものが混ざっていました。すごく健康を意識した内容になっていそう。

味付けは優しく塩気も控えめで、すごくヘルシーで美味しいです。ご飯の量も少なめ

・素材の扱いに美食的というよりも栄養学的な技があるのか、決して珍しいものが出てくるわけではないのですが、妙に体に染みわたり美味しい。

・お料理上手なお母さんが子供の健康を思って、ありふれた材料でよくあるメニューではあるけれど、家庭で手を抜かずに作ったフレンチ。そんなお店です。

デザートになぜか、この高級料亭のくず餅があったりします。

 

全体的に普通~少食の方や、塩分を控えられている方向けに、メニュー開発されている印象を受けますね。

アンチエイジングに興味がある方には、野菜も沢山使っている所がおススメポイントだと思います。

 

le-rire-tennai

出典:https://www.leverdurier.jp/

 

お料理の評判は、「家庭の味」「母の味」という印象を受けられた方が目立ちました。

外食とはいえ、お客さんに健康に良いとされるメニューを提供していらっしゃるようですね。

 

また、和食に携わった経験からか、デザートに葛餅が出たりすることがあったようですね^^

ちょっとした、サプライズな所が面白いと思います。

 

普段着で行ける洋食屋という雰囲気で、地元に愛されているお店なのではないでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

店の場所やこだわり

店の場所

 

場所:〒151-0051 東京都渋谷区千駄ケ谷4丁目19−12 モンパルテ北参道 B1

電話:03-6447-4394

定休日:日曜日

 

■最寄り駅についてのご案内

ルート 路線 最寄り駅 最寄駅~お店
(徒歩)
1(最短) JR中央・総武線 千駄ケ谷駅 約4分
2(最短) 東京メトロ副都心線 北参道駅 約4分
都営地下鉄大江戸線 国立競技場駅 約5分
JR 代々木駅 約8分

 

 

「ル リール」HPより一部抜粋(202.2.22現在)

 

営業時間短縮のお知らせ

緊急事態宣言の発令期間は下記の通り営業時間を変更いたします。

【期間】
3月7日(日)まで
※状況に応じて期間が変更となる場合がございます。

【営業時間】
◆ル・リール
LunchTime 11:30 ~ 14:30(L.O14:00)
DinnerTime 17:00 ~ 20:00(L.O19:00)

 

上記HPに掲載されている様に、状況によっては変更になることがあるようです。

ご利用の際は、事前にお問合せ又は、ご予約をされた方が安心ですね^^

 

スポンサーリンク

 

店の外観

le-rire

出典:Google MAPより https://www.google.com/

 

こちらの外観の建物に入り、店舗は地下1階です。

オレンジ色の枠線で囲んだ辺りの、お店の看板が目印のようです。

 


 

こちらも読まれています!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

坂田阿希子シェフの経歴|店の料理や評判&場所やこだわり

成田一世(パティシエ)の経歴と店の場所やお取寄せ情報

谷口英司シェフの宿泊兼フレンチ店レヴォへの行き方と料金

【きょうの料理】おせち献立 料理人 笠原将弘の人柄と和食にかける情熱

 


 

店のこだわり

le-rire-paelia

出典:https://www.leverdurier.jp/

 

ル リールのコンセプトは、

「健康的で笑顔が生まれるような和テイストの地中海料理」

だそうです。

 

魚介いっぱいのパエリアは、オープンからの高評価メニューだそうです。

ボリューム感があり満足できるメニューです。

フィッシュコラーゲンを使用しているそうなので、お肌の乾燥が気になる季節にはありがたいですね。

 

パスタ好きに朗報です♪

イタリアで修業したシェフが、自家製生パスタを提供してくれるそうです。

 

パスタの種類は様々。

麺パスタだけでなく、ショートパスタのニョッキなどもご用意されているそうです。

自家製ならではの、パスタへの味付けも楽しめるそうですよ!

 

店内の雰囲気は、女性が来店しやすい雰囲気だそうです。

飲食店の清潔感は、大事ですよね^^

 

一人からでも行き易かったり、子供連れのママ友も歓迎してくれるそうですよ♪

女性オーナーの、配慮を感じますね。

 

スポンサーリンク

 

料理セミナーについて

horichisako-seminar

出典:https://www.leverdurier.jp/

 

堀 知佐子さんによる、お料理セミナーが開催されることがあるようです。

ただし、現在は開催されていないようです。

前回のお知らせが、2020年3月開催の中止の連絡でストップされています。

コロナの影響だと思われます。

 

ご興味のある方は、お店にお問合せしてみてくださいね。

ただ、緊急事態宣言が解除されてからの方が、良い情報を得られると思いますよ^^

 

まとめ

今回はシェフ・堀 知佐子さんについて、

  • プロフィールや経歴
  • お店の料理や評判
  • お店の場所やこだわり
  • 料理セミナーについて

が、気になりまとめてみました。

 

2021年の東京オリンピックが無事開催されるとしたら、大忙しになりそうな立地にあるお店ですね。

 

オリンピック競技を観戦する中で、選手の活躍ぶりが頼もしく映ると思います。

そうすると、今以上に、運動や体、健康のことに関心が向くのではないでしょうか?

 

これからも、お客さんの健康を気遣ったメニューで、みんなを笑顔にしていって欲しいです!

スポンサーリンク
グルメ
スポンサーリンク
domingoをフォローする
玉子の気まぐれ日記

コメント

error: 右クリックできません。Thank you !
タイトルとURLをコピーしました