沢松奈生子の生立ちから見る 性格と評判【主治医が見つかる診療所】

スポーツ

こんにちは!玉子です。

今年の冬は寒くならないなと思っていたら、鍋料理の美味しい寒い季節になってきました。

 

白菜といえば「旬野菜」

白菜といえば「鍋」

白菜について詳しく知りたいなと思っていたら、健康番組で特集されることを見つけました!

 

12月10日(木)19:53~放送予定の「主治医が見つかる診療所【コレステロールドック&冬最強野菜ハクサイSP】」です。

こちらに元テニスプレーヤーの沢松 奈生子さんがゲスト出演されます。

 

昨年出演された「芸能人人間ドック」特別バージョンに出演された時は、悪玉コレステロール深刻度上位だった沢松 奈生子さん。

今回リベンジとなるか!

 

私は現役時代などの活躍を知りませんが、スポーツをする人は興味深いので、こちらの番組出演をキッカケに沢松 奈生子さんについて、調べてみることにしました。

みなさんも一緒に、沢松 奈生子さんについて確認してみましょう!

 

スポンサーリンク

 

沢松 奈生子さんのプロフィール

出典:https://www.google.com/

※選手時代

本名:沢松 奈生子(さわまつ なおこ)

職業:元プロテニスプレーヤー

出身地:兵庫県西宮市

生年月日:1973年3月23日 (47歳)

 

沢松 奈生子さんの生立ちから見る性格

父親の仕事の都合で5年程の海外(ドイツ)生活を過ごされました。

赤ちゃんの頃はおもちゃではなく、テニス道具を手に握っていたほど。

代々続くプロテニス一家に生まれ育ち、テニスをすることが当たり前な生活を過ごされました。

 

プロになったのも、目指したというより目の前の試合に負けたくない思いで続けていた結果。

現役時代は日本女子テニス界を牽引したプレーヤーの一人。

 

負けたくない思いが先行してきた所が、大変な「負けず嫌い」だと思いました。

技術もさることながら、かなり気が強くないとテニスで勝つことは難しそうです。

 

試合を観ていても、女子も男子も叫ぶシーンをよく見ます。

試合中に感情コントロールしている分、たまに出す雄叫びも見所です!

 

スポンサーリンク

 

沢松 奈生子さんの生立ちから見る精神力の強さ

現役時代、1995年1月全豪オープンの期間中「阪神淡路大震災」が起こりました。

兵庫県のご家族が住む実家が心配な心理的状況下でも、試合に挑まれ自己最高成績を記録した経験を持つ方です。

 

そんな状況でも、試合に集中できたのは、それまでテニスで鍛えた沢松 奈生子さんの持つ精神力の強さの賜物だと思いました。

 

私は、2019年のウィンブルドンの試合を観戦して以来、テニスの面白さに目覚めました。

テニスを観戦しているとウィンブルドンに出場するだけあり、全ての選手が素晴らしかったです。

決勝に近づくにつれて技術的な勝負というより「心理戦」だと思いました。

 

テニスでは選手同士が、いかにして相手を苛立たせ心を乱すか。

LIVE放送された試合から、「心理的駆け引き」の熱戦を興味深く感じたものです。

 

だから、元テニスプレーヤーで成績を残されてきた沢松 奈生子さんは、相当メンタル強いなと思いました。

 

元テニスプレーヤー沢松 奈生子さんの
テニス解説からみる冷静な「分析力」が

気になる方は次のページへ!

 

スポンサーリンク
スポーツ
スポンサーリンク
domingoをフォローする
玉子の気まぐれ日記

コメント

error: 右クリックできません。Thank you !
タイトルとURLをコピーしました