武知海青はイケメンダンサー|美筋肉でSSA優勝しSASUKEに挑戦状!

芸能

こんにちは!玉子です。

今年もやって参りました!

 

12月29日(火)19:00~放送予定の「SASUKE2020」は筋肉ファン必見!の定番番組です。

 

様々なジャンルから参戦する挑戦者の中でも、2019年SSA(SUMMER STYLE AWARD)優勝者の武知海青さんがその美しい筋肉を武器に2度目の挑戦状を叩きつけます!

 

今回は、こちらの番組出演をキッカケに武知海青さんについて気になり調べてみました。

みなさんも一緒に、武知海青さんについて確認していきましょう!

スポンサーリンク

武知海青のプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

武知 海青(@kaisei_takechi_official)がシェアした投稿

 

本名:武知 海青(たけち かいせい)

所属:LDH JAPAN

 

グループ名:「THE RAMPAGE from EXILE TRIBE」

※RAMPAGEは”暴れ回る”という意味

※男性16人組のダンス&ボーカルグループ

 

担当:パフォーマー

メジャー活動歴:3年(2017~2020年)

 

出身地:兵庫県

生年月日:1998年2月4日(22歳)

 

2017年デビュー曲「Lightning 」はこちら!

パフォーマーの魅力全開です♪

16人組グループは、他にない迫力がありますね!

 

こちらは、ドラマ「恐怖新聞」の主題歌になった「FEARS」です♪

 

THE RAMPAGE from EXILE TRIBE / FEARS

 

盛り上がりますねー♪

クールでカッコイイー!!!

 

スポンサーリンク

イケメン武知海青はダンサーのサラブレッド!?

武知海青さんはイケメンで、現在は「THE RAMPAGE from EXILE TRIBE」の一員として活躍しています。

メジャーデビューをする前から、幼少期から根っからの「ダンサー」であり水泳や円盤投げなどでも良い成績を残した「運動神経抜群のスポーツマン」です。

 

それには、母親がダンススクールを経営されている影響が大きいようです。

1歳半でダンスを始め、2歳から母親のダンススクールに通い、小学3年生からダンスチームを組み数々のダンスコンテストで優勝を勝ち取りました。

 

しかし、度重なる優勝を経験する過程で、自分の内面に見つめ直すことになります。

 

ダンサーとして自分が求めるものは何か。

 

それから、ダンスコンテストに出場することを控えられました。

 

「ダンサーとして有名になりたい!」

 

コンテストで数々の優勝を得て内省をされたというのは、それだけ真剣にダンスを愛し、ダンスを通じてご自身と向き合われたから湧いた感情なのだと思いました。

 

この時、既に大人から褒められて浮足立つような子供では無かったことが伺えます。

 

その後、イベントへ参加するとEXPG STUDIOからスカウトを受けました。

 

EXPG STUDIOとは、元EXILEリーダーで現会長のHIROさんが代表として創業、運営をされている会社です。

 

今やダンスキッズ憧れの組織なのではないでしょうか?

 

武知海青さんは、EXPG大阪校のダンス特待生としてダンスを極めつつ、実家のダンススクールを手伝ったその当時16歳。

 

なんて自立した16歳なのだろうと思います!

 

当時から既に、ご自身の中に「ダンス(表現者)で生きて行く」というブレない軸を感じられる方です。

 

その後も、 ダンスオーディション「EXILE PERFORMER BATTLE AUDITION」に挑戦されて、悔しい思いも経験しながら現在「THE RAMPAGE from EXILE TRIBE」の一員として活躍されています。

 

きっと、幼いころから武知海青さんにとって、食事をすることと同じくらいに当たり前の存在だったダンス。

 

流石に2歳未満から踊られていたとなると、経験年数が年齢とほとんど変わらないということにも驚きです。

 

そして、子供の頃から、自分のダンスと向き合い続けた真剣さが、ダンススタジオを経営する母親に甘えていなかった証拠なのではないかと思いました。

 

なかなか、マネ出来ることではないと思います。

自立した子供を育てられた母親にも、少なからず感動します。

 

このような経緯から生粋のダンサーであり、イケメンパフォーマー武知海青さんはダンサーのサラブレッドと言うに相応しいパフォーマーだと思います!

スポンサーリンク

武知海青の美筋肉で2019年SSA優勝!

SSA(SUMMER STYLE AWARD)とは、数あるボディコンテストの一つです。

 

コンセプトには、「健康に対する意識」「個々の自信や目標を持つことの素晴らしさ」を日本の方々に知って欲しいという思いが込められているようです。

 

更にSSAでは「その夏が一番似合う男性・女性を決める大会」です。

頂点に立ったら自信に繋がります!

 

2019年その頂点に立ったのが、紛れもなく武知海青さんなのです!

「Summer Style Award 2019 ROOKIE CHALLENGE CUP」の「Stylish Guy」部門で総合優勝されています。

 

約3カ月の減量とトレーニングで大会当日までに体を仕上げられて、恐れ入りますという感じです。

 

兄貴的存在のEXILEメンバーの筋トレ専用ジムは有名です。

 

EXILE PERFORMER BATTLE AUDITIONのメンバーも、気兼ねなく筋トレする環境は用意されているのでは?と想像します。

 

それに加え、単に筋トレするのとは違うダンサー特有の身のこなしである「軽やかさ」「柔軟性」が大会ステージでの伸びやかな表現に繋がり、見事な優勝を勝ち取ったのだと思います!

 

イケメンで表情も豊かな武知海青さん。

 

非の打ちどころの無い、参加者も納得の2019年大会結果だったのではないでしょうか?

 

また、筋肉の美しさだででなく、筋トレを意識的に行うと言うことは自己の限界に向き合う面もあります。

 

それを乗り越える精神的なたくましさが、筋トレにハマる方のストイックと言われる所以だと思います。

 

マッスル、マッスル!

 

なので、武知海青さんが頂点に立つまでの努力が並大抵のことでは無かったことだと思うし、その結果を出している所に男らしさを感じます。

 

ちなみにSSAは、これまで各ボディコンテストにて優勝を収めてきた実績を誇る金子賢さんがSSA実行委員会代表を務められています。

 

こちらが、金子賢さん。
※大会の時はもっと仕上げられて、細マッチョだと思います。

出典:twitterより

 

  • 2014年「BEST BODY JAPAN 2014」東京大会優勝
  • 2016年「WBC KOREA2016 World Body Classic」優勝

 

ボディコンテストで心身ともに磨いてきた方が、直々にジャッジする大会。

その頂点に立った武知海青さんの喜びが、生々しく伝わってくるようです。

スポンサーリンク

武知海青が「SASUKE2020」に挑戦状

そんな武知海青さんが12月29日(火)19:00~放送予定「SASUKE2020」に出演します。

 

同メンバーのさん、浦川翔平さんは武知海青さんより1年先にSASUKEに挑戦されています。

 

昨年に引き続き、2020年も3人揃っての挑戦です!

 

パフォーマンスでは格好良く決めてファンを虜にしている「THE RAMPAGE from EXILE TRIBE」の武知海青さん。

 

SASUKEでは挑戦する姿から、いつもと違う真剣な表情を見られるイイ機会です!

3人全員、ファイナルステージまで残れるようにみなさんも応援しましょう!

 

武知海青はイケメンダンサー|美筋肉でSSA優勝しSASUKEに挑戦状!のまとめ

今回は武知海青さんについて、気になりまとめてみました。

最初は、チョット強面な印象でした。

 

ただ調べていく内に、様々な表情を見ることが出来ました。

  • ダンスに対する熱い思い
  • 早い段階での自立心
  • 美筋肉を鍛え上げるストイックな面

それらが、ピリッとスパイスの効いた雰囲気を出しているのかなと思いました!

 

現在、芸能界では「中性的な男性の人気」が多くなってきました。

なので逆に「男性ならではの武骨な魅力が際立つ時代」とも言えます。

 

メジャーデビューされて3年が経ちました。

まだまだ、これからが楽しみ!

 

HIROさんお墨付きの鍛え上げた美筋肉でダンスパフォーマンスや、様々なチャレンジを今後益々見せてくれることを期待しています!

スポンサーリンク
芸能
スポンサーリンク
domingoをフォローする
玉子の気まぐれ日記

コメント

error: 右クリックできません。Thank you !
タイトルとURLをコピーしました