藤田菜七子(JRA) 日仏の絆|騎手 故の美【笑顔の瞬間SP2020】

スポーツ

こんにちは!玉子です。

普段、みなさんは人との「絆」について考えたり、触れたりすることがあると思います。

浅いものから深いものまで様々。

 

「絆」は、ふとした瞬間に感じるものなのかもしれません。

 

それは、心の励ましになり前に進む勇気になると思います。

時として、人はみんなそれほど強くないと思います。

だからこそ、思い合える人間関係は大事に温めていきたいものです。

 

その良い瞬間をまとめた番組が放送される予定です。

12月19日(土)18:30~放送予定「笑顔の瞬間スペシャル2020」に可愛いと評判の藤田菜七子さんが出演します。

 

私も最初にメディアで拝見した時、可愛いという印象を受けました。

が、どうやら可愛いだけでは無いようです。

 

今回は、こちらの番組出演をキッカケに藤田菜七子さんについて気になり調べてみました。

みなさんも一緒に、藤田菜七子さんについて確認していきましょう!

 

スポンサーリンク

 

JRA騎手 藤田菜七子さんのプロフィール

出典:https://www.google.com/

 

本名:藤田 菜七子(ふじた ななこ)

所属団体:日本中央競馬会(JRA)

騎手免許取得:2016年(当時19歳)

マネジメント先:ホリプロ

出身地:茨城県北相馬郡守谷町

生年月日:1997年8月9日(23歳)

 

藤田菜七子さんの性格

藤田菜七子さんは、はにかむ表情がキュートな女性です。

現在、JRA所属の女性騎手としては唯一のアイドル的な存在。

「可愛い」と容姿への称賛も多く見受けられます。

 

そのアイドル的な要素は、これまで競馬に興味を示さなかった層にまで、ファンを増やしておりスゴイと思います。

 

しかし、その称賛に対して当のご本人は「格好いい」と言われる方が嬉しいとか。

女性が可愛いと言われて嫌な気になることは稀だと思いますが、そこは勝負師ジャッキー。

 

毎度のレースに挑む「闘志」や「気概に富む」性格ゆえの反応なのかも知れないと思いました。

また、藤田菜七子さんが「騎手」として良い成績を収めていく事に拘っている「プライドの表れ」であると感じました。

 

2020年現在、女性騎手として史上初となる「JRA通算100勝を達成」するという偉業を収めています。

何よりも「騎手」として評価されることを強く望んでいることを成績で示されていて、既に充分格好良いと思います!

 

スポンサーリンク

 

仏ミカエル・ミシェルさんとの初対決・日仏の絆

2019年8月、札幌で開催された「2019ワールドオールスタージョッキーズ」で、藤田菜七子さんと仏美人騎手ミカエル・ミシェルさんは初対決しました。

2020年2月15日に小倉レースで藤田菜七子さんは、落馬して右鎖骨を骨折してしまいました。

 

そのため、2月28日に参戦予定のあったサウジアラビアの騎手招待レースは欠場。

異国での再戦が叶わなかったことに、大変悔しい思いをされたことと思います。

 

その気持ちを察して、ミカエル・ミシェルさんは「藤田菜七子さんの回復を祈るメッセージ」を送りました。

また、藤田菜七子さんはサウジ戦での「ミカエル・ミシェルさんの活躍に賞賛」を送りました。

 

対戦中は良きライバルでありながら、2月の出来事は、お互いに心が通じた印象を受けました。

 

同じ競技者として「お互いをリスペクトする関係」が伺えるのは、スポーツファンとしては胸アツな姿です!

出典:https://www.google.com/

藤田菜七子さんはミカエル・ミシェルさんの2歳年下。

 

ミカエル・ミシェルさんは2014年に騎手免許取得をされました。

お2人ともほぼ同年齢で、レースデビューをしています。

他の共通点も、「身長や体重が近い」「美しい容姿」など共通する部分が多いようです。

スポンサーリンク

ライバル仏騎手の実力と動向

2014年にフランスでデビューしたミカエル・ミシェルさん。

2018年に、同国内の「女性騎手年間最多勝記録」を樹立した実力派。

上半身がぶれない美しいフォームが持ち味です。

 

また、2019年11月末に来日した時、将来的には「JRA通年免許の取得を目指す」という意向を示しています。

 

以前は、外国人騎手に対する免許制度として、1994年から短期騎手免許制度(騎乗期間:年間最大3か月間)が設けられていました。

その後、外国人騎手からの要望に応える形で、2014年度よりJRAは通年免許試験及び発行を認めました。

 

過去に、超一流の外国人騎手でも落ちることがある程の試験。

通年免許取得には「日本語のマスターが必須」ということがネックになっている様です。

 

日々の騎手としての技術を磨くだけでなく、試験合格のため語学の勉強に励むミカエル・ミシェルさんの姿が一層眩しく感じられます。

 

良きライバル同士「切磋琢磨」する姿がお互いの刺激になり、私たちを感動させるのだと思います。

 

ミカエル・ミシェルさんが「JRA通年免許」を取得した暁には、お2人の対戦が今より身近なレースとして楽しめる日が増えることをファンは心待ちにしているのだと思います。

「2人は何故美しいのか?
騎手 故の美」が

気になる方は次のページへ!

スポンサーリンク
スポーツ
スポンサーリンク
domingoをフォローする
玉子の気まぐれ日記

コメント

error: 右クリックできません。Thank you !
タイトルとURLをコピーしました